自分に自信がない!恋愛がうまくいかない原因を乗り越えて愛されよう

アイキャッチ画像

自己否定が強い、自信がない、劣等感でいっぱい。

恋愛が中々うまくいかないあなたは、自分の事を低く低く見てしまっているかもしれません。

こういった思いがあると、恋愛に対してどうしても臆病になったり、強い警戒心を持ってしまいますよね・・。

でも、本当はあなたがどれだけ自分を悪いところしかない、と思っていても、それと同じ大きさで良いところ、もかならずあるのです。

これは綺麗ごとではなくて、本当の事です。

自分のネガティブと感じる要素だけにフォーカスして、幸せな恋愛から遠ざかってしまうのはとてももったいない事です。

自分に自信がなくても、あなたはダメな要素だけで作られているのではない、という事を綺麗ごとではなく、深いレベルで腑に落とせるお話をします。

 

私たちは片方だけでは存在できない

 

ピンクのバラ

人は必ず、両方持っています。

それは、

  • プラスとマイナス
  • ポジティブとネガティブ
  • 自立と依存
  • 愛と憎しみ
  • 光と闇
  • 男性性と女性性
  • 優しさと意地悪さ

などなど・・。

ですが、私達はどちらかに傾いて生きたり、どちらかを禁止したり、どちらかを強調したり、こっちは良くてこっちはダメというジャッジをします。

  • その人が抑圧している事や
  • ダメと思っている一面を出さないようにしたり
  • 自分はこうでありたい
  • こうでなきゃいけない
  • こう見られたい

という一面だけを見せようとしているからです。

片方の自分を消そうとし、片方の自分だけで存在させようとする。

これは無意識レベルの事なので、自分一人では中々自覚できない事です。

 

自分の排除した一面を自分で知るには

自分が何を持っているかを手っ取り早く知れるのは、目の前の相手を鏡にすることです。

  • 相手のいいところやプラス(と感じる)なところ
  • 相手の嫌なところや傷つけられた(と感じる)ところ

を鏡にして自分の内側として受け取ります。

自分の抑圧して排除した一面や、自分で否定した魅力も、目の前の相手がその要素を強くしてあなたに見せてくれています。

相手に見えるもの、感じるものは、必ず自分にも存在しています。

これは絶対です。

私達は自分にないモノを感じたり見る事はできません。

相手があなたに意地悪をするのなら、あなたは無意識に誰かに、攻撃性を飛ばしているかもしれないし、自分に意地悪をしているのかもしれません。

相手の容姿や魅力に劣等感を感じたら、それはあなたの容姿の良さや魅力を自分で否定してるから、目の前にその要素を強く持った相手が現れています。

相手の優しくて尊敬するところは、あなたも同じように優しさを持っていて、そのあなたの優しさを尊敬している人が必ずいます。

 

排除しようとした自分の一面

でも自覚できていない私達は、自分のいいところや、自分の特に本心の部分のダークなところを自分の一部ではない、と思っている事が多いです。

  • 意地悪であってはいけない
  • こんな憎しみを持つ自分はいけない
  • 私なんてたいしたことない
  • いいところなんてない

こんな感じに思っているのではないでしょうか。

でも、どんな自分であってもいいのです。

それは意地悪をしていいとか、人を殺していいとかそういうことではなくて、

人間誰しも本当に腹が立って悲しくて怒れる時には、

『あんなやつ・・・こうしてやりたい!!こうなればいいのに!!』と思う事はあります。

その気持ちを排除せずに自分で認めてあげるのです。

あなたはきっと、

  • そんな風に思っちゃいけない
  • そんな自分であってはいけない

と、そう思っているからこそ、そう思った時にとっさに、その自分を排除しようとしてしまうでしょう。

こんな自分はいなかった、という事にしたくなるでしょう。

でもそれも自己否定になります。

自分の気持ちを無視している、ことになるのです。

 

頑張りすぎてるあなたはこちらの記事も読んでみて下さい♡

 

自分のいいところも受け入れる

 

そうするとそれが現実に反映されて、

  • 無視される
  • 自分のいう事を聞いてもらえない
  • 分かり合えない

そんな現実を引き寄せます。

そして、

  • あなたのいいところ
  • 優しいところ
  • 繊細なところ
  • 頑張り屋さんなところ
  • 容姿だとどんなことでもいいです
  • 髪の毛
  • 肌の色

どんな事でもいいところが必ずあります。

それを受け入れてあげて下さい。

その自分を否定してる自分、自分に自信がない自分さえも、否定せずに存在させてあげる。

どっちも否定せずに存在させてあげる。

自分のいいところを拒否するということは、相手のいいところを拒否することでもあります。

全部全部、この世は自分次第なのです。

自分が思った通りの世界なのです。

あなたが受け入れないように、見ないようにしているその一面は、本当はあってもいいし、ダメなことではありません。

どうかその一面に光を当ててみませんか?

そうすると、あなたの現実も恋愛も、変わっていきます。

  • こう思ってはいけない
  • こんな自分ではいけない
  • こんな魅力あるはずがない

これらの自分を、良いとか悪いとか、ジャッジをせずに、自分自身だと、受けれ入れていきましょう。

他者から見たら、あなたは素敵な存在なのに、自分自身が自分の魅力や良いところを受け入れられてないというのは、本当によくあります。

目の前にあなたにとって、魅力的に感じたり、尊敬できたり、すごいなって思える人も、あなた自身であり、あなた自身が排除してしまった自分、なのです。

そういう自分を、素直に受け取っていきましょう。

最初は難しいかもしれませんが、目の前の人が鏡であることは、この世の法則であり、あなたがどれだけ否定したとしても、目の前の相手はあなたでしかないのです。

自分の良さ、排除した自分をもっと自覚し、受け入れていきましょう。

 

目の前の現実を鏡として受け取っていこう♡

 

まとめ

 

私たちは、良いも悪いももっていて、両方ないようなものなのです。

どんな一面もあなたであり、この一面は良くて、この一面はダメとかないのです。

だからこそ、素直に自分として受け取ってみましょう。

この繰り返しが、またあなたの恋愛を変える一歩になっていきます。

参考になったら嬉しいです♡

 

アメブロでも発信しています♪

アメブロ 愛され潜在意識

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

この世の法則と潜在意識を使って最愛のパートナーと結ばれる♡ズタボロ恋愛依存女が大好きな彼と結ばれるまでに、本当に幸せを手にいれるまでの過程や実践などについてを惜しみなく発信中!