あなたにとってスゴイと感じる人も自分自身!相手を受け取ると現実が変わっていく

本やブログ、様々なところで、相手は自分だということは書かれていますよね。

それは知ってるんだけど、しっくりこない・・

そう感じる方が多いのではないでしょうか?

この、相手は自分の視点について、しっくり腑に落ちた私なりに分かりやすく説明していきます♡

 

あなたにとって上に見る人、下に見る人

 

まず、私たちは相手に対して、

  • 見上げる人
  • 見下す人

という視点で見る時があります。

上に見る人

見上げる人とは、

  • 私よりすごい
  • かっこいい、可愛い
  • 素敵
  • 魅力的
  • 優しい
  • 仕事ができる
  • 自分を持っている
  • 言いたいことが言える

など、尊敬できる面を持っている人。

こう感じる人は、

  • 自分よりもこの人はすごい
  • 価値がある
  • 私はこの人より劣っている

と、無意識で思ってる時があります。

です、が!この目の前の相手も自分自身なのです。

あなたがそう見える、感じるということは、あなたにもその要素があるということです。

なかったら、感じられないんです。

でも、そう言われてもしっくりこないですよね。

なんでしっくりこないのか。なぜこの人が自分自身と思えないのか。

それは、あなたがあなたの素敵な要素を、否定しているから、なんです

  • すごい
  • かっこいい、可愛い
  • 素敵
  • 魅力的
  • 優しい
  • 仕事ができる
  • 自分を持っている
  • 言いたいことが言える

↑自分ではそう思えない!

それってなんででしょう?誰に言われたんでしょうか?

その人が言ってることは、本当?なのでしょうか。

そして、過去にこう思わざるを得ない出来事があったとしたら、あなたがあなたを否定していたから、否定される現実が起きたからであって、本当はあなたは何も欠けてない、完璧な存在だったんです。

  • すごい
  • かっこいい、可愛い
  • 素敵
  • 魅力的
  • 優しい
  • 仕事ができる
  • 自分を持っている
  • 言いたいことが言える

↑でも、そうは言われても自分にあると思えないですよね。

あなたが自分でないもの、と信じてしまったから、無意識レベルだから、自分だと分かりにくいんです。

だからこそ、相手にその要素を感じるんです。

伝わりますか・・?

あなたがその要素を否定してるから、その要素をたくさん持った人が目の前に現れてるんです。

どうしてもこの人と私とこの人は同じと思えない。私はこんなにすごくないし劣ってると感じる。

こんなに否定感があるのも、何か違和感があると感じませんか?

でも、目の前の相手を見て、これが私とは思えないけど、本当はこの要素も私にあるのかもしれないんだなあ、と、思うところから始めていくと良いです。

相手の良さを自分として受け入れられないということは、あなたは自分の良いところでさえも自分で否定してるとも言えるでしょう。

まず、ここに気づきましょう

 

上に見る人も自分自身

 

そして、改めて、相手は自分自身なんだ。だからこの人も私なんだ。私って本当はこんな姿もあるんだ。という視点で見ていく。

素直に、鏡を見て寝ぐせに気づくように、鏡を見て自分ってここが素敵だったんだ、と気づけるように。

ノージャッジで、見えたものをそのまま、受け取る。

そうすると、鏡の実践や思考や感情の書き出しをしていく中で、あ、たしかに私だった!という時が必ず訪れてきます。

その時に、『ああああ、たしかに!!』って腑に落ちていくんですね。

その時、あなたの中にまたあなたが取り戻されたと言えるでしょう。

そうやって排除した、分離した自分を取り戻していくと、本当の自分に戻っていきます。

恋愛成就するには、本当の自分に戻るのが一番早い!というか、これしかありません。

そして、目の前の相手、見上げる人も、見下してしまう人も、自分なんだという視点で見ていくことが慣れてくると、緊張して話せない、だとか、私なんて相手にされない、とか、この人は嫌だ、とか、そういうのがなくなっていきます。

なので、能動的に相手とコミュニケーションをとれるようになっていきます。

だって、相手は私だからです。

相手が拒否したら私が私の事を拒否していたことを、知るにすぎないのです。

そしてあなたがそれに気づくだけで、相手は簡単に昨日の相手とは変わります。

すごいと感じて話せない人も、自分のすごさを受け入れてないからであって、見下して嫌悪感をいだく相手も、その相手の要素を持っている自分を受け入れられていない、にすぎないのです。

相手が悪いとか、自分がいけないとか、極論はそういう事はないんです。

全て自分、なんです

 

あの犯罪者も私自身だと言うの?

 

じゃああの犯罪者も?傷つけてきたあの人も!?と、言いたくなるかもしれませんし、そこはとっても繊細な部分ではあると思いますが、率直に話すと、それも、自分自身なんです

あなたはあんな人殺しではないし、傷つけることはしない!

けれど、そうじゃなくて、そういう悪魔性、攻撃性、怒り、憎しみを、あなたも持っている、その自分を見ないようにしている、自分はそういう人ではない、という事にしようとしている、ってことでもあるんです。

抑圧している、とも言えるでしょう。

そんな自分ではあってはならないと思うからこそ、それも自分というこの言葉に強く抵抗感があるともいえるでしょう。

でも、そう思うことも、それを本当は持っていることも、良いも悪いもありません。

その自分もいて、完璧なんです。

こういう視点で世界を見ていくと、今まで生きづらかった世界も、あなたにとってあたたかくて、生きやすい世界に変わっていくでしょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

目の前の人は、どんな要素も自分が感じるもの全て、あなた自身です。

相手に劣等感や優越感を感じるのではなく、自分自身として受け取っていく。

こうする事であなたの現実は変わっていくでしょう。

参考になったら嬉しいです♡

 

The following two tabs change content below.

momoimo

もも芋です♡拗らせ女子の雛型のようなズタボロの恋愛を送ってきました。恋愛、人間関係、仕事、人生において何もかもがうまくいかず、どん底でした。どうにかして幸せな恋愛や人生を手に入れたかった私は時間もお金もかけて様々なことを学んでいき、自分自身と向き合ってきました。様々な事を学び、実践していき、自分の内側が変わっていくと、現実がガラリと変わっていきました。今は昔の自分の生きていたフィールドとは違うフィールドに乗ってるような、大きな変化と静かで平凡で安心した人生を送っています。恋愛においても大きく変化し、私がそこまでにいたった情報や経験を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

もも芋です♡拗らせ女子の雛型のようなズタボロの恋愛を送ってきました。恋愛、人間関係、仕事、人生において何もかもがうまくいかず、どん底でした。どうにかして幸せな恋愛や人生を手に入れたかった私は時間もお金もかけて様々なことを学んでいき、自分自身と向き合ってきました。様々な事を学び、実践していき、自分の内側が変わっていくと、現実がガラリと変わっていきました。今は昔の自分の生きていたフィールドとは違うフィールドに乗ってるような、大きな変化と静かで平凡で安心した人生を送っています。恋愛においても大きく変化し、私がそこまでにいたった情報や経験を発信しています。