過去の相手にとらわれず常に新鮮な気持ちで相手を見ていこう♡

私たちは生きてる中で、どうしても過去の思考を持ってきやすいです。

  • この人は、前に私にこんな事をしたから次もこうしてくるに違いない。
  • 前にこういう時に、ああなったから、今回もこうなるに違いない。
  • 過去に自分の事をこういう風に言われたから、この人も私の事をこう思ってるに違いない。

・・と、こんな感じで、過去をベースとして、勝手に決めつけてしまいます。

でも、鏡の実践や、親との関係性を向き合っていくと、目の前の相手が昨日とは別人になってる!とか、優しくなってる、とか、あんなに自己中だった彼が私を尊重して大切にしてくれてる・・なんて事が、次の日、に起きる事がザラにあります。

ですが、あなたが過去の思考を今にそのまま持ってきてしまっていると、現実は過去フィールドのままになるので、せっかく鏡の実践や親との関係性を向き合ったとしても、過去がまた繰り返されてしまうんですね。

潜在意識を使って理想の恋愛を叶える、鏡の実践を行っている、のであれば、是非とも過去フィールドにとらわれずに、今この瞬間を新鮮な気持ちで見ていただきたいです。

今日は、つい過去の出来事を今に持ってきてしまうあなた、に向けた記事になります。

 

過去にそうなったからといって今の現実にそれは関係ない

 

新しい恋愛をしたい時や、とくに、復縁したい、特定の彼と結ばれたいと思いながらも、心のどこかで過去の出来事を思い出して、

  • またあんなひどいことされるんじゃないか
  • また裏切られるんじゃないか
  • 次はうまくいくのだろうか
  • また傷つけられるのでは・・

などと、過去をベースとした未来への不安を抱いてしまいます。

でも、これ、抱いたままだと、当然それが叶ってしまいます。

こうなったら嫌だと極端に傾いているからです。

この現実になったら私は不幸

この現実じゃないと私は幸せではない

ということですよね。

過去起きた事や、今目の前で起きた事は、過去のあなたの思考です。

現実化されたらそれでおしまい、なんです。

それ以降は、いくらでも創り出せるんです。

今、目の前で何が起きても、どんな状況になっても、例えば極端な話、彼が結婚してしまう、という話を聞いたとしても、それ以降の事は何も関係がないのです。

その後の未来は自分でまた創造していけます。

ということ、は、過去の起きた出来事も、自分の思考の結果なら、未来は変えていける=過去にクヨクヨしなくてもいい、ということです。

あなたがそれを分かっていても、どうして過去の傷を手放せないのなら、それはどうしてか、その出来事で鏡の実践をしたり、その出来事を手放せないことによるメリットを探してみると良いです。

 

過去の思考パターンで目の前の相手を見るのはもったいない

 

私はいつも、結局は内側の内観、鏡の実践、その出来事によるメリットデメリットを見るなどをオススメしていますが、自分の中にある、強い思い込みやエゴ、思考パターンに気づく、とういうこともやってもらうようにしています。

無意識にあったものを、自分の意識に上げる。

ああ、私はこうしてたから、自分にこうしてたから、本当はこう思ってたから、現実はこうなってたのね!と、ただ気づく。

これをしてもらうために、いろんなテーマの中で紐解きながら説明しています。

あなたのその思い込みが、過去の出来事から続いてるパターンではないかな?と見つけていきます。

過去起きたことはあなたの過去の思考であり、未来はいくらでも自分で創っていけるからです。

そして、そのパターンに自分で気が付かないと、そのパターンにとらわれたまま世界を生きてしまうからです。

この思考パターンにとらわれたまま、目の前の相手を見ると、”この人はこういう人”と、自分で定義して、決めて見てしまうので、せっかく鏡の実践で自分の内側や思考パターンに気が付いたとしても、自ら元に戻してしまう、という事になってしまうんです。

これじゃ、もったいなさすぎます・・!涙

 

常に新鮮な目で相手を見る

 

上記の通り、過去はもう関係ないので、過去の思い込みのまま今この現実(相手)を見る必要はないんですね。

自分が自分で相手がどうするか、を決めてしまってるようなものなんです。

これでは、この現実は何も変わりません。

そうではなく、常にニュートラルな、新鮮な目で相手を見る事が大切です。

なので、相手と接する時に、”またこういうことをするんじゃないか・・”とか、”またこうなるんじゃないか・・”と警戒するのではなく、また新たな新しいその人、として接していく事が大切です。

親、彼(その他、人)など、前こうだったから、と決めつけた視点で見るのではなく、新鮮な気持ちで接します。

こうしないといけないとか、無理してそうしてくださいとか、そういうことではないですからね!!

頭の隅っこに、これを置いてみて下さい。

そして、もしあなたがそれでも、相手はこうなんだ!と言いたい場合は、もしかしたら、そう言いたい自分や、相手を悪者にするメリットがあるかもしれません。

”相手が私を傷つけ続けていないと困る”ことも、実はあったりします。(全てではありません)

 

まとめ

 

過去にとらわれず、常に新鮮な目で相手を見る、という事が伝わったでしょうか・・?

相手があなたに示したその要素は、自分の見ていなかった要素、なので、そこを自分で気が付いていけば、そこに反応する自分、拒絶する自分が減っていき、つまりはその現実が現れる必要性がなくなっていくんです。

常に新鮮な目で相手を見る、を意識してみて下さい♡

The following two tabs change content below.

momoimo

もも芋です♡拗らせ女子の雛型のようなズタボロの恋愛を送ってきました。恋愛、人間関係、仕事、人生において何もかもがうまくいかず、どん底でした。どうにかして幸せな恋愛や人生を手に入れたかった私は時間もお金もかけて様々なことを学んでいき、自分自身と向き合ってきました。様々な事を学び、実践していき、自分の内側が変わっていくと、現実がガラリと変わっていきました。今は昔の自分の生きていたフィールドとは違うフィールドに乗ってるような、大きな変化と静かで平凡で安心した人生を送っています。恋愛においても大きく変化し、私がそこまでにいたった情報や経験を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

もも芋です♡拗らせ女子の雛型のようなズタボロの恋愛を送ってきました。恋愛、人間関係、仕事、人生において何もかもがうまくいかず、どん底でした。どうにかして幸せな恋愛や人生を手に入れたかった私は時間もお金もかけて様々なことを学んでいき、自分自身と向き合ってきました。様々な事を学び、実践していき、自分の内側が変わっていくと、現実がガラリと変わっていきました。今は昔の自分の生きていたフィールドとは違うフィールドに乗ってるような、大きな変化と静かで平凡で安心した人生を送っています。恋愛においても大きく変化し、私がそこまでにいたった情報や経験を発信しています。