頑張る必要はないんだよ♡ゆるっと力を抜いたあなたが愛される!

私達ってどうしてもどうしても、頑張る、という事をしてしまっていると思います・・

このブログを読んでいる方も、頑張り屋さんの方が多いのではないでしょうか?

過去のもも芋も、友達も会社の人も認める、ものすごい頑張り屋さんでした。

でも、実はこの世は頑張れば頑張るほど、うまくいかない仕組みになってるんです・・

こういう風に聞くと、頑張ってきた方が悲しくなってしまうかと思いますが、決してその頑張りが無駄だった、という事ではないんです。

ただ、本当はもっと近道があるんだよ、という事についてお話します。

 

頑張っても頑張っても愛されなかった

 

もも芋が頑張っていたのは、

  • ダイエット
  • 自分磨き
  • 知識を集める
  • 仕事で完璧にこなしていかに早く終わらせるか(すごい自分になろうとする)
  • 一人競争をする(いかに早くたくさんこなせるか)
  • 他者のお願いを引き受けまくる
  • 相手の期待以上の事をする

ってことを、していました。

どうしてそこまで無理をしていたかと、一言でいうならば、すごいと言われたかったからです。

他者からの賞賛が欲しくて、相手からの、

  • もも芋ちゃんに頼んでほんっっとよかった~♡
  • もも芋ちゃんすごい!私にはできない!
  • もも芋ちゃんほんと頑張ってるよね!
  • もも芋ちゃん可愛いよね!
  • もも芋ちゃんって意識高いよねー!

の言葉が欲しくて、すごいもも芋でいたかったんです。

それを言われた時はね、優越感に浸れて、でゅふふ!という感じだったのだけど、笑

優越感と劣等感は表裏一体ですので、頑張れば頑張るほど、優越感を求め続けて、それに比例するように劣等感も膨れ上がり、身も心もズタボロ・・になっていました。

ものすごく自分を無視して、ズタズタにしていたんです。

でも、頑張っても頑張っても、私が一番に賞賛を得たい人ほど(大好きな彼とか)、

  • 蔑ろにされて
  • 大切にされなくなって
  • これができて当たり前になって
  • 手が抜けなくなって
  • 楽ができない

という事態に追い込まれました。

自らわざわざ、無理してる自分が当たり前の世界を創り出していたんです。

追い込まれたというか、自分で自分を追い込んだからこそなんですけどね。

みなさんも似たような感じ、ありませんか・・?

 

頑張り続けるの正体

 

そもそもこんなに頑張り続けるのって何ででしょう?

それは、ズバリ!自己犠牲なんです・・

私達の頑張るって、いい子になる、とか自己犠牲がベースになりがちなんです。

頑張って我慢したら褒められて愛される!という認識が幼い頃にできちゃってるんですね。

無理をせず、今の自分を受け入れながら、やれる範囲で頑張る、という感じだと良かったのですが、この自分では愛されなかったという傷があるから、だからこそ頑張ってしまう癖が染みついてしまっています。

結局のところ、他者からの賞賛で自分の価値が決まってしまうがゆえに、

頑張れば愛される(=頑張らないと愛されない)

すごい自分になれば愛される(=今の自分では愛されない)

と思ってしまってるのです・・

 

頑張れば頑張るほどに愛されない世界が広がってしまう・・

 

でもでも、この世の仕組みでは、頑張れば頑張るほど、愛されません・・。

もちろん、あなたの頑張りを認めてくれたり、賞賛してくれる時はあるでしょう。

でも、こかで自分を無理させた代償が起きたり、認めてほしい人ほど認めてもらえなかったり、頑張った割に当たり前になって賞賛されなくなったり、蔑ろにされる、なんて事が起きやすくなります。

自己犠牲すればするほど、愛されないし、大切にされないんです。

なんでかというと、まず、他者からの賞賛のために、あなたがあなた自身に無理をさせ、後回しにして、蔑ろにして、自分の声を無視する、という事は、自分が自分にしてる事が目の前の世界に現れるので、当然に目の前の相手はあなたを大切にしなくなるんです。

また、愛されようと、認められようと頑張る、という事は、私は愛されていない、認められていないと自分が信じているからこそ(決めてるからこそ)そういう行動になります。

つまり、この前提がある限り、この前提が叶い続ける(愛されないし認められない)というわけです。

 

じゃあどうしたらいいの?

 

では、どうしていくのか、ですが、もっと自分の心に忠実になることです。

  • 辛い時はやめる
  • 辛くなる前にやめる
  • 断わる自分を許す
  • 完璧じゃない自分を許す
  • グレーであることを受け入れる
  • すごいと思われない自分を許す

ということなどをベースに、行動していくのです。

100頑張ってきたものを、60~70にしてみる、とさじ加減を変えてみます。

頑張るのをやめるとは、自己犠牲をやめた上で、自分ができる範囲のことをすればいい、そんな自分を許すということです。

そうすれば、頑張り続けていた時よりも、あなたは大切にされ、尊重され、愛され、頑張らなくても良い世界にシフトしていけるでしょう。

ずっと頑張り続けてきた人からしたら、!?!?と信じられない事かもしれませんが、実は、頑張り続けるより、こうやって自分を一番優先して大切にしながら、グレーな自分を許しながら行動する、事の方が、あなたの頑張りを認めてもらえたり、簡単にあなたが愛される世界に変わっていきます。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

急に今までの頑張り癖を変えるのは難しいと思います・・。

でも、少しずつそこに向けるエネルギーを自分を大切にするエネルギーに変えてみたり、『私、今無理してなないかな?』と頑張りすぎている自分に気づくようにしてみましょう♡

参考になったら嬉しいです♪

 

The following two tabs change content below.

momoimo

もも芋です♡拗らせ女子の雛型のようなズタボロの恋愛を送ってきました。恋愛、人間関係、仕事、人生において何もかもがうまくいかず、どん底でした。どうにかして幸せな恋愛や人生を手に入れたかった私は時間もお金もかけて様々なことを学んでいき、自分自身と向き合ってきました。様々な事を学び、実践していき、自分の内側が変わっていくと、現実がガラリと変わっていきました。今は昔の自分の生きていたフィールドとは違うフィールドに乗ってるような、大きな変化と静かで平凡で安心した人生を送っています。恋愛においても大きく変化し、私がそこまでにいたった情報や経験を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

もも芋です♡拗らせ女子の雛型のようなズタボロの恋愛を送ってきました。恋愛、人間関係、仕事、人生において何もかもがうまくいかず、どん底でした。どうにかして幸せな恋愛や人生を手に入れたかった私は時間もお金もかけて様々なことを学んでいき、自分自身と向き合ってきました。様々な事を学び、実践していき、自分の内側が変わっていくと、現実がガラリと変わっていきました。今は昔の自分の生きていたフィールドとは違うフィールドに乗ってるような、大きな変化と静かで平凡で安心した人生を送っています。恋愛においても大きく変化し、私がそこまでにいたった情報や経験を発信しています。