優越感と愛の違い~あなたが本当に彼からほしいもの何ですか?~

私は自分自身と向き合い、深堀をしていく中で、見つけた事がありました。

それは、過去の私が求めているものは、愛、ではなくて、優越感だった、という事です。

ふかーーーーーい魂的な視点で見れば愛なのですが、私が愛されようと、頑張り、良い子になり、優しくなり、みんながすごいと言ってくれる私になろうとしたり、ダイエットしたり可愛くなろうとしたり。

私は、愛されたくて、そうしてると思ってました。

大好きな人と付き合って結婚してあたたかい家庭を築くのも夢でした。

そのあたたかい家庭とは、私にとって、私が無理せず、安心安全でリラックスできる居場所の、事でした。

その安心、を求めていたはずなのに、私は、

  • 他者からの賞賛
  • 羨ましいという眼差し
  • 可愛いと言われる言葉
  • 必死に追いかけてくれる姿

などが、快感になっていました。

  • 女性からの嫉妬
  • 悔しいと思われる気持ち
  • 比べられて監視される感じ
  • 男性からの強い嫉妬

これらも、クセになるくらい、快感だったんですね。

今日は、そんな私の経験談を含めた、あなたの欲しいものは愛ではなく優越感ではないですか?について、お話します。

 

他者の強い感情を向けられた時の優越感

 

嫉妬される事が快感なんて、そんなことないですーーと言いつつ、なんでこんなに私に監視してくるの?(怒)と言いつつ、むふふふふ、と快感の私が存在していたわけです。

いつしか私はそれを求めて、ずーーーーっとすごい自分でいようと、頑張り続けていました。

私は嫌だ嫌だと拒否しながらも、その相手からの強い感情を自分に向けられるのが、ものすごい快感だったのです。

この他者からの嫉妬、悔しい気持ち、賞賛、私をどうにかしたいという気持ちが優越感でたまらなかったのです。

 

離れた距離から強い感情を得ていたかった

でも、反面、私はその人たちに飛び込むことはありませんでした。

その人たちと深い関りを持つのは拒否しながら、いつまでも私に興味を持ってしつこく私に執着してる姿を見てるのが、良かったんです。

これは私にとってずっと無意識の気持ちでした、なので自分ではそんな事思ってるなんて、全く気が付きもしませんでした。

こんなにも自分を追い求めたり、興味を持ったり、激しくて強い感情を抱かれているのに、だったらこの中の安心安全な場所に飛び込めばいいじゃないか、と思うじゃないですか?

でも、そこは安心安全ではなかったんです。

優越感を感じながら、心の奥の私は全部分かっていたんですね。

全部嘘であることを。

すごい、悔しい、と思わせて、自分をいかに上の存在に見せても、私にとっての本当の姿の、

  • ダメな自分
  • 今より劣ってしまう自分

を見せたら、一瞬で目の前の人が

なんだ

と、冷めて去っていく、そんな強烈な恐怖があったんです。

安心安全に飛び込みたいはずなのに、本当のところでは、そこに近づきたくない自分がいたんです。

安心安全の幸せな世界にいきたい気持ちより、自分を捨てられる恐怖の方が遥かに大きかったんですね。

すごいと思われて賞賛される自分で居続けられて、なお、そこに飛び込むこともなく、絶妙な距離感でその優越感を味わい続けられるのが、私を見た目や表面的な事でジャッジして、賞賛をしてくる人たちのそばにいること、でした。

そこに安心も本当の幸せもありませんでした。

ただ、簡単に壊れる優越感と、優越感を感じた分だけ、劣等感に突き落とされる現実と、孤独だけがありました。

 

あなたが彼からほしい本当のモノとは?

 

あなたは彼から何がほしいですか?

  • あなただけ見てくれる彼?
  • 強い気持ちをぶつけてくれる彼?
  • あなたに尽くし続ける彼?
  • あなたを可愛いと受け入れてくれる彼?

あなたがほしいその強烈な彼の気持ち、は愛、ではなく、優越感、だったりしませんか?

その優越感を得るために、必死に我慢して、自分を偽り、彼に傷つけられても、離れずに思い続ける、そんな風になっていませんか?

彼が本当の意味であなたを愛してしまって、困ることはなんでしょうか?

  • 愛を求める恐怖
  • 本当の幸せを得る恐怖

それが故に絶妙な距離感で、自分を満たすために優越感を求め続けてしまう・・

あなたがもし、ピコーーンときたら、そうかもしれない、と思ったら、その気づきだけで大丈夫です。

 

本当の自分の本心を見る勇気

 

これは、こういう事だからあなたの愛は間違ってる、とかそういう話ではありません。

ただ、真実を見る、という事です。

あなたがそうじゃないと思うなら、そうじゃないし、そうかもしれない、と思ったら、それはそれでOKなんです。

その優越感って、彼が簡単にあなたの全てを受け入れて愛してくれたら、実は感じられなかったりするんですね。

優越感って一種の達成感みたいな感じでもあります。

ダイエットの後のお菓子、みたいな感じでもあります。

あなたがこうやって、本当は私はどうしたかったのかを自覚していくと、目の前の世界がぶっ壊れていくんですね。

あなたが本当に求めていた事・・でも、ちがうちがう私はこれを求めている、とちぐはぐに解離した自分を統合していく。

そうすると、目の前に排除した自分を見る必要がなくなります。

そこでやっと、

  • 本当に大好きな人と結ばれて幸せな結婚生活
  • 彼との成就

が本願として決まるわけです。

 

まとめ

 

本当の自分になればなるほど、簡単に叶います

あなたはすでにもう全部叶えてるからです。

それを自分で見つけていく、これを繰り返していくと自分が創り出してきた世界が分かるでしょう。

彼との成就が簡単だった事が分かるでしょう。

あなたの胸に響いたら嬉しいです♡

 

The following two tabs change content below.

momoimo

もも芋です♡拗らせ女子の雛型のようなズタボロの恋愛を送ってきました。恋愛、人間関係、仕事、人生において何もかもがうまくいかず、どん底でした。どうにかして幸せな恋愛や人生を手に入れたかった私は時間もお金もかけて様々なことを学んでいき、自分自身と向き合ってきました。様々な事を学び、実践していき、自分の内側が変わっていくと、現実がガラリと変わっていきました。今は昔の自分の生きていたフィールドとは違うフィールドに乗ってるような、大きな変化と静かで平凡で安心した人生を送っています。恋愛においても大きく変化し、私がそこまでにいたった情報や経験を発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

もも芋です♡拗らせ女子の雛型のようなズタボロの恋愛を送ってきました。恋愛、人間関係、仕事、人生において何もかもがうまくいかず、どん底でした。どうにかして幸せな恋愛や人生を手に入れたかった私は時間もお金もかけて様々なことを学んでいき、自分自身と向き合ってきました。様々な事を学び、実践していき、自分の内側が変わっていくと、現実がガラリと変わっていきました。今は昔の自分の生きていたフィールドとは違うフィールドに乗ってるような、大きな変化と静かで平凡で安心した人生を送っています。恋愛においても大きく変化し、私がそこまでにいたった情報や経験を発信しています。