こんなこともあったりなかったり、のお話


様々なケースがあるけど、その中の一つのお話。

 

自分の中の1番の傷は親、家族、身内、小さい頃のあの人、だったりします。

でもやっぱり1番は親、兄弟、家の中にいた人、幼少期自分を育ててくれた人、です。

その時の傷、が私達の世界を創り出す。

それは繰り返されるように、幻想を生きるかのように。

その傷をベースとして、です。

でも、私達は、ここの傷を1番見たくありません。

この傷は、1番見たくなくて、1番逃げていたいのです。

 

で、時に人は、この傷を見ないように、”違う問題を外側に持ってくる”という時があります。

それは学校、バイト、職場、相手の家族、など様々でしょう。

これはとても深い無意識なので、こういうお話を聞かない限り、気づけないものです。

だからこそ本人とっては、あの時の傷を忘れるくらい、今が問題、となるわけです。

今が絶望的、どうしてこうなるんだ、と苦しみながらも、あの時の傷は見なくてすんでいる。

 

これは、今苦しいと感じているあなたを否定しているお話ではありません。

それを前提に、なんとなあく、興味があったら読み続けてください。

 

そうやって、時に人は違う問題をひっぱってきて、1番見たくないものを見ないようにします。

それくらい、あの時の傷は、見たくなくて、痛いと感じるもの、なのです。

人によっては、ずっと避け続ける、という人もいるでしょう。

人によっては、追い込まれて見ざるを得なくなった、という人もいるでしょう。

どっちが良いとか悪いとかもなくて、双方お役目、でもやること、があるものです。

 

で、この時、ずっと避け続けらている(ように見える)人というのは、誰かの犠牲によって、あの時の傷を見なくてすんでいる、という時があります。

それは、犠牲ともいったり、大きな優しさともいえるでしょう。

 

例えば、自分は劣等感の塊で、死にたくなるような人生だったけど、今は可愛い奥さんもいて、陽キャの塊のような息子がいる。

陽キャの息子は、学校中の人気者で、運動神経も抜群。俺とは大違い。俺の理想のようだ。

もう1人の息子は、学校も嫌がっているし、日々やる気がなさそうだ。まあ、なんとかなるだろう。

奥さんは奥さんの実家が大変そうだ。お父さんが俺様でいうことを聞かなくて、いつもお義母さんの愚痴を聞いている。

でも、仕事もいいところに勤めているし、立派な一軒家もある。

まあ、俺は普通だ。

 

これは、いま作ったお話です。

時に子供は、親が死にたくならないように、親の理想を”無意識で”生きる時があります。

時に子供は、親に愛されるすごくて1番の自分になるために、兄弟をこき下ろします。

時に人は、自分の理想を生きてもらったり、もしくはダメな人、を身近に作ることで、自分の劣等感を見ないようにします。

時に人は、なんとなく全部分かっているけど、そうしておけば自分から離れない、支配できる、と思って依存しているようで支配していたりします。

時に人は、こういうことに巻き込まれて、1番優しくて光だったのに、なぜか毎日やる気が出なくて、死にたくなって、自分が1番ダメな奴、という幻想に飲まれることがあります。

 

これは、はたから見たら平和で何もかも持っているおうち、のお話。

でも、実際に本当に似たようなことがあったりする。

どこにでも、この世界が広がっていたりする。

 

誰もが持っている劣等感。

誰かによってそれを見なくてすんで、幻想を生きれてしまう人。(後からドカンの時があったりなかったり)

その幻想のために1番ダメな奴設定を引き受ける人。

 

こっちが良くてあっちはダメというお話じゃなくて。

その中で1番優しい人ほど、光である人ほど、誰の力も借りれなくて、むしろ奪われてばかりで、ダメな奴設定を受ける時がある。

優しいからこそ、魂レベルが高いからこそ。

誰かが死なないように。そして、双方が役目があり、学び合えるように。

今回こそは、気づけるように、と。

 

その1番優しい人が、先陣を切らざるを得なくなる。

そういうものなのです。

この人が不幸というわけではない。

一見ものすごく大変、と感じる時もあるかもしれない。

 

でも、伝えたいのは、幻想を生きられる人と比べたり、戦ったりするのではなく、あなたは、本当のあなたに戻っていくことが1番の近道となる。

ちゃんとしたご褒美も待っている。

だって、それくらい大変な思いをしてきたじゃない。

 

おわり。(え

ABOUTこの記事をかいた人

日々、実践者。 生い立ちも恋愛もお金も人間関係も、全てにおいてうまくいきませんでした。生き辛さ、地獄を見てきました。 そこを超えて、今もなお実践者であると共に、本当の自分に戻り、潜在意識を使って願望を叶えていく方法の発信とセッションをしています。 乗り越えてきたことや叶えてきた経験や知識や気づきを生かしています。 誰かの前進や気づきのきっかけになれたら幸いです。